miles / disc

マイルス・デイヴィスのアルバムを年別に紹介

1956年のMiles Davis

コロンビアと契約したマイルスだったが、まだプレスティッジとの契約が残っていた。その契約解消のため1956年5月11日と1956年10月26日の2日間で4枚のアルバムを制作する

・このセッションはラソンセッションとして伝説になっており、出来上がった4枚はハード・バップを代表する名盤としての評価を受けている。ほとんどがの曲が一発録りで、ライブ感のある録音になっている。

・これらの作品を最後に、メジャーレーベルのコロンビア時代に移行。

・喉の手術後に大声を出してしまったことにより、マイルスの声は特徴的なハスキーボイスになる。

「喉の手術をして、回復するまでバンドを解散しなきゃならなかった。……病院を出てすぐに、あるレコード会社の奴と会ったんだが、そいつはオレと契約しようと、うるさいくらい喋りつづけやがった。で、オレは嫌だったし、はっきりさせようと声を荒らげて、声帯をダメにしてしまった。」マイルス・デイビス自叙伝Ⅰ p.334-335

Cookin'

クッキン

「クッキン」

録音:1956
リリース:1957

[1956/10/26]

Miles Davis - Trumpet

John Coltrane - Tenor saxophone

Philly Joe Jones - Drums

Red Garland - Piano

Paul Chambers - Bass

-------------------------------------

・マラソンセッション作品群は1956年の2回のセッションを分散収録したものだが、この作品だけは全て10月26日の二回目のセッションから収録されている

・5月11日と10月26日のセッションの間に、ジョン・コルトレーンが急成長したと評価されることが多い。

・同時リリースではなく、1957年のこの作品から1961年の「スティーミン」まで、数年に渡って少しずつリリースされた。コロンビアで知名度を上げスターになってゆくマイルスの人気に便乗して売上拡大を図ったからというのが、その理由。

"My Funny Valetine"が名演と言われている。マラソンセッション屈指の人気作

重要度:★★★★★

「この四枚のレコーディングじゃ本当にすばらしい演奏ができて、今でも大いに誇りに思っている。だがそれ以上に、プレスティッジとの契約が全て終わって、やっと自由に前進できるようになった喜びのほうが大きかった。」マイルス・デイビス自叙伝Ⅰ p.339

Relaxin'

Relaxin With the Miles Davis Quintet (Reis)

「リラクシン」

録音:1956
リリース:1958 

[1956/05/11]

[1956/10/26]

Miles Davis - Trumpet

John Coltrane - Tenor saxophone

Philly Joe Jones - Drums

Red Garland - Piano

Paul Chambers - Bass

-------------------------------------

・メンバーの会話が入っており、リラックスした空気感がある作品。

・マラソンセッション中では「クッキン」と双璧の人気作

重要度:★★★★★

Workin'

Workin' With the Miles Davis Quintet

「ワーキン」

録音:1956

リリース:1959

[1956/05/11]

[1956/10/26]

Miles Davis - Trumpet

John Coltrane - Tenor saxophone

Philly Joe Jones - Drums

Red Garland - Piano

Paul Chambers - Bass

-------------------------------------

・ジャケットが微妙にダサいと言われてしまう作品。

"It Never Entered My Mind"が名演とされる。

・大半の曲が5月11日の一回目のセッションでの録音

"Ahmad's Blues"はマイルスのお気に入りのピアニスト、アーマッド・ジャマルの曲。

重要度:★★★★☆

Steamin'

Steamin' With the Miles Davis

「スティーミン」

録音:1956
リリース:1961 

[1956/05/11]

[1956/10/26]

Miles Davis - Trumpet

John Coltrane - Tenor saxophone

Philly Joe Jones - Drums

Red Garland - Piano

Paul Chambers - Bass

-------------------------------------

・マラソンセッション中では最も後にリリースされた作品

・「ワーキン」と同じく、大半の曲が5月11日の一回目のセッションでの録音

重要度:★★★★☆