miles / disc

マイルス・デイヴィスのアルバムを年別に紹介

1952年のMiles Davis

ドラッグからの脱却を試みるも、失敗を繰り返していた時期。

・この年から3年間、ブルーノートで年一回のセッションが録音される。

「オレは、あちこちでやったいくつかの演奏以外は、ほとんどの時間をヤクを追っかけまわして過ごしていた。一九五ニ年もやっぱりひどい年で、四九年をピークに、だんだん悪くなっていくようだった。初めて、自分自身、それに能力やテクニックに疑問を抱きはじめていた。オレは本当に音楽でやっていけるんだろうか、そんなふうに自分を疑いはじめた。」マイルス・デイビス自叙伝Ⅰ p.253

Miles Davis vol.1 - vol2

マイルス・デイヴィス・オールスターズ VOL.1

マイルス・デイヴィス・オールスターズ VOL.2

マイルス・デイヴィス・オールスターズ Vol.1 - Vol.2」

録音:1952~1954

リリース:1955

[1952/05/09]

Miles Davis - trumpet

J. J. Johnson - trombone

Jackie McLean - alto saxophone

Gil Coggins - piano

Oscar Pettiford - bass

Kenny Clarke - drums

[1953/04/20]

Miles Davis - trumpet

J. J. Johnson - trombone

Jimmy Heath - tenor saxophone

Gil Coggins - piano

Percy Heath - bass

Art Blakey - drums

[1954/03/06]

Miles Davis - trumpet

Horace Silver - piano

Percy Heath - bass

Art Blakey - drums

 --------------------------------------

ブルーノートに年一回のペースで残した録音がまとめられている。

・Vol.1は1952~1953年、 Vol.2は1953~1954年のものが中心となっている。

・1952~1953年はマイルスが完全なジャンキーになっていた暗黒時代の録音1952年の公式録音はブルーノートに残したものだけ。一般的には低迷期とされるが、演奏の評価が低いわけではない。

ブルーノートでの年一回のセッションは、マイルスの才能を買っていたブルーノート創始者ルフレッド・ライオンが設けた場であり、マイルスを救済するという意味合いもあった。

・同じセッションをまとめたものに「コンプリート・マイルス・デイヴィス Vol.1 - Vol.2」があり、曲順が録音年ごとに整理されている。

・「マイルス・デイヴィス・オールスターズ Vol.1」は名盤揃いと言われるブルーノート1500番台の一枚目。

重要度:★★★☆☆

「一九五ニ年のある日、アルフレッド・ライオンのブルーノート・レコードに初めてレコーディングした。プレスティッジとは専属契約じゃなかったから、できたんだ。……全員が本当にすばらしい演奏をして、オレ自身も良い出来だと思った。」マイルス・デイビス自叙伝Ⅰ p.249